漂流、いいじゃないか!

周りのことばかり気にしてきた人が、「周囲のことを気にしないで、やりたいことをやる」をモットーに書いてます。趣味、旅行、哲学などの話を書いています。

立派じゃない人間が、自分のレベルを超えた振る舞いをして潰れそうになってる。

僕は何も変わってないと思う。

人間のレベルなんてすぐに上がらない。

今まで書いてきた記事の多くは、「読んでもらうために」「自分をポジティブに見せ」「役立つように見せる」ための、

「自分を大きく見せる」記事だった。

 

実際、僕のレベルは変わらない。

だというのに最近、ポッドキャスト番組がそこそこ知名度が上がっていき、さまざまな方と接触する機会が増えてきた。

 

また、現在自分がいる場所の人間のレベルが低いから、レベルが高い人間たちと付き合おうとして、必死に自分を造り、アピールし、売名行為をし、自分が「地獄と思っている場所」から這い出ようとしていた。

 

芥川龍之介の『蜘蛛の糸』に出てくる、カンダタのように、

自分ばかりが助かりたいと、周囲の人間を見下しながら、糸を登っていこうとしていると思う。

 

しかし、糸は切れかかっている。

 

僕から見て周囲の人間は、あまりにも「レベルの高い」人間だった。

僕は幼児期に満たされなかった親からの愛情を満たされたいがために、周囲の人に求め、満たされず苦しい思いをし、

小学、高校の頃に受けたいじめ(特に女子から)の傷で、女性が怖くなってしまい、

仕事では、うまくいかなかった傷が積みかさなかっていた。

 

僕はその問題をいまだ解消できないでいる。

人と関わることが本当に怖いまま、赤ちゃんのように泣いて、満たしてくれと要求するしかできなくなっていた。

 

そして、僕から見て「レベルの高い人間」は、それらの問題を解決し、

僕を「過去を振り返っても何も出来ない、前見て動け!」と唾棄できるくらい、

とっくに前に進んでいける人たちなのだ。

 

僕からすれば、あまりにもレベルが違って、置いてきぼり感しかないのだ。

 

 

けれど、僕はレベルの低い場所にも居たくない。

けれど、レベルの高い人々もしんどい。

 

だというのに、僕は周囲からの知名度ばかりが上がってしまい、多くの人が聞くようになって、他の有名な「立派な人」と同じような振る舞いをしなければ、落とされると怖くなっている。

 

僕は、自分に闇を抱えまくっている。

本当はこれを知ってもらって、それを踏まえて、他の方と付き合っていけたらいいなと思っている。

 

なのに、この闇を上手く表現しなければ、僕は誰からも相手にされなくなると、怖くなってしまい、外に出せなくなった。

 

何度も闇を出そうとした。けれど、それが失敗し、今まで知り合った人からは

「重い人」「コメントしづらいからスルーしとこう」と、離れられていっている。

また、「それより楽しい話題出せよ。」「あんたは旅の話だけしといたら、好印象に見られるからいいよ。」と言われる。

 

僕は半身が明るいのを装っているが、

もう半身は誰も理解してくれなくて、悲鳴を上げていた。*1

 

 

正直言って、皆がナチュラルに自分の喜怒哀楽を表現できているのに、

僕はそれがうまくできず、身の丈に合った振る舞いや感情表現ができないので、

誰かに代理して、明るくてとっつき易くて楽しくて社交的な振る舞い(SNSとか)を、頼みたいって思ってる。自分の印象が悪くなるのは、損だと思っているから。

 

いろんなことを一旦休止して、

僕は自分のレベルと同じような、安心できる場に身を置いて

自分のレベルに合った発言や行動をしたい。

「成長しないやつは人間じゃない」という風潮の中で、振り回されるのはごめんだ。

 

 

そんなのは現実に無理だととか、甘えだろうと思うだろうけれど、言うだけは言わせて欲しい。

助けてください。

*1:「わかってくれ」と言って、自分のことばかり他人に要求している人間は、そのレベルは赤ちゃんと同じである。しかし、僕の情緒はその程度までしか育つことができずに停まり、周囲の大人と同じレベルのことを急に要求され、それに応えるために、「わかってくれ」という言葉を、普段は殺している。本当は赤ちゃんレベルの僕の情緒や精神年齢を、そこから育て直す必要があると思う。