漂流、いいじゃないか!

周りのことばかり気にしてきた人が、「周囲のことを気にしないで、やりたいことをやる」をモットーに書いてます。趣味、旅行、哲学などの話を書いています。

ダイソーの100円小銭入れで十分って思う

f:id:againstars:20161101232332j:plain

正方形の、なんの図柄もない、チャックで閉じられただけの小銭入れ。

これが僕の持っているサイフだ。

ダイソーの小銭入れコーナーで買った。

持って1年くらいになるが、意外と長持ちで、重宝している。

 

f:id:againstars:20161101232345j:plain

中には最低限の札、小銭、日常的によく使うカード(定期、キャッシュカード、図書館カードなど)くらいしか入れていない。*1

 

おかげで財布はペラペラだ。

しかし、尻ポケットにすっぽり収まるので、尻への違和感も少ないのが嬉しい。

 

「小銭入れ」と銘打っているが、布なので、意外と入ることも、使い勝手がいいと思えるポイントなんだ。

 

 

この小銭入れは、物を持っているのが嫌な僕が辿り着いた財布だと思う。

 

 

以前は人並みに見えるような財布や、それなりにブランドっぽいもの、長いサイフなんかを持っていた。

しかし、良いと言われるサイフでも、段々痛んでみすぼらしくなってくる。

人に見せられないので、使えなくなってくる。

人にまともにみられるために、それなりの財布を持ってないといけない、という意識に疲れていた。

 

ある日、その競争からドロップアウトすることにした。

そして、この小銭入れを持つことになった。

 

たしかに、小さいので、小銭やカードは沢山入れられないので、不便だ。

 

しかし、何を持つべきか取捨選択されてくるので、どんどん小銭入れは薄く、軽くなる。

すると心が軽くなった気分がするのだ。

それは、たかが100円といわれていた財布が、それ以上の価値をどんどん見せてくれたのだ。

 

身の回りのものをもっと軽くしたい。

そんな気持ちがまた一つ浮かび上がった。

*1:1か月に1回使わないようなカードは、別のカード入れを作って、そこに携帯している。