読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漂流、いいじゃないか!

周りのことばかり気にしてきた人が、「周囲のことを気にしないで、やりたいことをやる」をモットーに書いてます。趣味、旅行、哲学などの話を書いています。

安いだけじゃない!安宿の楽しみ方

勝手に旅にする

f:id:againstars:20161022163405j:plain

僕が旅を始めた高校生くらいから、安宿とは切っても切り離せなかった。*1

9年前くらいに、バイク乗りの安宿「ライダーハウス*2や、外国人も泊まれる宿「ゲストハウス*3が現れ、その値段の安さに、喜んで飛びついた。

安くて1000円、高くても3000円の世界に驚いた。

 

そして3年前くらいから、1~3000円が相場の安宿は、全国に波及した。

どの県の都市部にも、だいたい1軒はゲストハウスがあり、安宿旅行に困らなくなってきた。

僕が気軽に旅行できるようになったのも、この安宿(と夜行バスやバイク)のお陰だ。

 

f:id:againstars:20161022163325j:plain

しかし、宿に泊まれば、それで1日が終わり、というものではなく、

宿そのものにも楽しみがあるから、安宿はやめられない。

 

それは、「旅人たちとの会話」だ。

 

ゲストハウス、ライダーハウス、とほ宿、ユースホステル

安宿にはだいたい「談話室」というのがある。

 

そこに夜な夜な宿泊者が集まって、会話をするのが、一つの楽しみなのだ。

 

年齢も職業も性別も国籍も違う、さまざまな立場の人々が、旅と安宿という軸を中心に集まってくる。

 

例えば最近の旅だったら、

岐阜県下呂温泉にある「ゲローバルホステル*4の談話室で。

 

メンバーは

・愛知県の大学生男子2人、自転車でやってきた

・東京の20代会社員男性、あくせくした海外旅行に飽きて、下呂に4日滞在

・大阪の20代女性、飛騨方面の旅、安宿は初めてらしい

・大阪の40代バイカー

・宿のオーナー、30代

・僕、バイクで長野や岐阜の山奥を散々巡ってきた

 

のような人たちが、酒やドリンクを飲んだりしながら

最初は旅にまつわる話や情報交換をしたり、

やがてそれぞれの日常や好きなものなどの話に移っていく。

そのうち「明日、○○方面行くけど、一緒に行く?」「いいね!」

というような話になることもある。

 

また、キッチンもあって、夕食・朝食の食材を買ってきて、そこで調理しているうちに、他の人と話が弾んだりすることもある。

 

もちろん、一夜だけのことなので、この談話室でそれっきり、ということがほとんどだが、その気軽さも、流れていく「旅」らしくて、悪くはない。*5

 

ビジネスホテルだと、その楽しみがない。*6

談話室もなければ、安宿のように相部屋でも二段ベッドでもなく、他の人と接する空間がないので、*7宿では何もやることがない。

ただ、旅でやることが多くて疲れたから寝たいとか、ずっと一人でいたいときには、これ以上良い空間はないと思うので、ごくまれに泊まりたくなるときはある。

 

今、ネット予約等で、あらゆる宿が安くなっている。

だからこそ、気分や楽しみ方に応じて、宿を選ぶ範囲が増えたな、と思った。

 

 

※だけど、最近名古屋の定宿が、音速別荘という安宿から、名古屋駅前のネットカフェに変わった。

だって安いし快適なんですよ。8時間ナイトパックで1200円ですよ!リクライニングシートも、ほぼ180度倒れるから、快適に寝れる。シャワーもある。

名古屋で夜遅くまで飲んで、始発で大阪に戻って仕事に間に合わすこともできますからね。やっぱ価格には勝てませんでしたねぇ。

*1:これから出てくる安宿が出てくる前は、ビジネスホテルやユースホステルがほとんどで、価格も安くて4000円台が当たり前だった。

*2:バイク乗りたちが集まっているので、バイク乗り特有の会話や情報交換、そしてイベントが行われることがある。なお、寝具やシャワーがない宿もあり、寝袋を持参する必要もある。

*3:外国人宿泊者も多いので、英語が話せないと外国人とコミュニケーションが取りにくいが、スタッフは日本人なので、日本人とやりとりすれば大丈夫。

*4:ずいぶんシャレが利いたネーミングだ

*5:この人とは仲良くなりたい!という人もいるけれど。

*6:旅館や民宿だと、宿の人と接する機会は比較的多いので、会話も楽しめる

*7:プライベートが確保されている、ともいえる