読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漂流、いいじゃないか!

周りのことばかり気にしてきた人が、「周囲のことを気にしないで、やりたいことをやる」をモットーに書いてます。趣味、旅行、哲学などの話を書いています。

気付いたことがあったら、すぐノートに書く

note.jpg

実際に自分が使っているノートです。色ペンを使って重要なポイントにアンダーラインをしたり、概念を図式化して、一発で見える化するようにしています。

走り書きで、ミミズのような判読しづらい字ですが、自分でわかればいいんです。拙い言葉でも言語化出来ていればいいんです。

さて、自己分析をしていて、気づいたことを覚えていることが大事です。

そのために、どこかに書き残しておくことは、大事なのです。

・目の前のものを見て、違和感を感じたとき

・イライラすることがあったとき

・トラブルがあって、なんで起こったんだろうと考えたとき

・自分はこれが好き・嫌いというものがあったとき

・自分の弱さを見つけたとき

・失敗してしまったとき

・自分の長所・短所に気づいたとき

・自分の心身が、何かを前にして、どう変わったかを振り返ったとき

・自分はこうした見方・考え方をしている?と気づいたとき

             ・

             ・

          などなど…

             ・

             ・

その他、あらゆることに対して、書き残していくことで、自分が見えてくるでしょう。

ノート等に書き残していくときに、気をつけてみるポイントを、いくつか挙げてみます。

生の感情、リアルな状況を、できるだけすぐに残そう

何かが起こって、自分の感情が変化したり、葛藤が起こったり、他人から反応があったとき、

すぐにノートや手帳に、そのときの状況を書いてみましょう。

11月某日 病院にて

すれちがう人々が怖い。年寄り、中年はなんてことないが、若い人、若い女性、医療従事者とすれ違うと、怖くなってくる。

そのたびにメンタルを削られてしまう。

若い男性は-5P(ポイント)、若い女性は-20P、医療者は-10P(女性だと-20P)。

たちまち、うずくまりたくなる心境に襲われる。

無機質な空間、明るすぎる照明、足早に通り過ぎ、表情を変えないで、僕から顔をそらして、澄ました顔で通り抜けていく女性。

僕は好まれない存在だと、否定され、踏みにじられているようだ。

(実際に筆者が書いたノートから引用)

これは、実際病院に行って、すれ違う人を見て、自分の心が感じたことを、その瞬間に書いたものです。

そこには、自分の生の感情や心の動き、リアルタイムの状況が、生々しく記されています。

それでいいのです。自分が苦手なシチュエーションや人や、失敗しそうなパターンの状況が、具体的にわかってきます。

それをずっと書いていると、似たような状況でイライラモヤモヤしていることに気づきます。

そのとき、自分のパターンが見えてきます。

自分を知ることに、一歩でも近づいていけるのです。

書き残しは、できるだけ赤裸々に書いてみるといいと思います。

大丈夫です。誰かに見せる必要はありませんので、自分の中にしまっておけば。

状況に対して、自分なりに分析を加える

ノートに書き残した状況に対して、「なんでだろう?」と分析を加えてみます。

(先のノートの続き)

その恐怖の根源は、女性や若者へのコンプレックスがあるだろう。

小学校の頃から女性に下に見られて馬鹿にされ、高校は性格がきつく、声が大きい女性が集まり、同年代男子からは、「〇〇くん、マジメすぎ」と、からかわれて、自分を出せなくて、腹を割って話せて、時に壁を作らないで楽しめる、同年代の男女の友達ができなかったりした過去の経験が、こんな恐怖を僕に見せているのかもしれない。

こんな風に、その原因と思われることを、ちょっとでも考えて見て、

分析を付けくわえてみると良いと思います。

自分のことを見つめ直すことで、どうして自分はこういう行動を取ってしまっているのか、プレッシャーが発生するのかがわかります。

原因が徐々に洗い出されてきます。

分析は下手でも構いません。

「それじゃ解決にはならないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、それでも大丈夫。

原因が明らかになったら、それをどうにかしようと行動するもよし、日々暮らしているうちに、何かに気づいて、原因を受け入れられる場面が来るかもしれません。

原因を明らかにするだけで、十分なのです。

書きなぐるだけで、少しはストレス発散になる。

怒ったとき、悶々したとき、誰かと話すとか、何らかのストレス解消の趣味をやるとかで、発散されることがあります。

しかし、それがすぐできない場合でも、「このモヤモヤを書きまくる!」ことだけでも、発散されます。

たしかに、誰も見ていませんが、自分の感情を文章や図等にして、ノートに書いていくだけでも、

不思議なことに、ストレスが軽減していることがあります。

僕もイラッときたら、違和感を覚えて嫌になったら、できるだけすぐにノートに書くようにしています。

そうすると、溜まった感情は一旦失せて、次に進めるようになっていることが多いのです。