読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漂流、いいじゃないか!

周りのことばかり気にしてきた人が、「周囲のことを気にしないで、やりたいことをやる」をモットーに書いてます。趣味、旅行、哲学などの話を書いています。

自分が隠そうとしているものの中に、ヒントがある?

自己分析の方法

僕は、過去の生育歴や家庭環境を、両親や親戚に聞けるだけ聞いたりしてきました。

いわゆる「毒親」という、子供を支配してコントロールしたり、親に逆らったら外に放り出すような親はおらず、

安心して家に居たり、両親に話をすることができる、問題のない家庭だったように記憶しています。

にもかかわらず、「すぐわかる!毒親洗脳度チェック」というもので採点してみたら、

なんと、「洗脳度合75%。あなたは毒親にかなりの確率で洗脳されています。」と判定されてしまいました。

これはいったい、何を意味しているのでしょう?

自分ではまったく因果関係が見えずに困っていました。

そんなとき、僕にアドバイスを下さった人が、

自分が隠そうとしていることの中に、ヒントがある。」と言っていました。

今回は、それを手がかりに、自己分析をしていきたいと思います。

①自分が隠そうとしているものをリストアップ

隠そうとしているもの、人に見せたくないもの、知って欲しくないもの、人に知らせようとするとき、ついつい動揺してしまうものを、思いつく限り、リストアップします。

ちなみに、僕がやってみると、こんな感じになりました。

好きな有名人(特に、知名度の低い人)   音楽の趣味・聴いているもの(誰の何という曲、とか)  見ているアニメ・映画  異性への恐れ  挙動不審さ  職業・収入  知識をひけらかしたい欲  攻撃性  人の挙動を馬鹿にしていること  差別・偏見  パソコンやテレビの画面(を見られること)  自分がネット等で調べることを、人のパソコンで出来ない……etc……

さすがに、書いたら支障が出ることは、ここには書いていませんが、

(ご自分のノートにしまっておいてください)

こうやって、どんどん自分が隠してしまうものをリストアップしていきます。

②なぜ隠すのか、思いつく限り、過去を振り返ってみる

次は、それらの原因を分析しましょう。

その原因は、だいたい過去に嫌な目に遭ってきたことにあります。

というわけで、過去に何があったかを探ってみましょう。

例題 「音楽の趣味・聴いているもの(誰の何という曲、とか) 」

例題 「音楽の趣味・聴いているもの」を隠すのはなぜ?
過去

 ・心無い同級生に、僕の聞いていた子供番組の曲をけなされた。

 ・どんな音楽であっても、僕が聴いているものはダサい、馬鹿にされるものだ、と思い込んでいた。

 ・流行っているものについていっていないと、馬鹿にされると思い込んでいたり、馬鹿にされるのが嫌だった。だから、自分が好きなものや、人が知らなさそうなものは、出さないようにしていた。

(すべて、小学生高学年頃の話です。)

こういう感じで、原因と思われるものに迫っていきます。

③過去がわからないときは…

過去がわからないときは、どんな瞬間に隠したい思いをするかを、思い出してみましょう。

例題 「知識をひけらかしたい欲 を隠す場面は?」

例題 知識をひけらかしたい欲 を隠す場面は?
場面

 ・そんなに仲良くない人と、社交的な会話をしているとき。

・女性と話していて、嫌われたくないとき。

・目上の人に、生意気だと思われたくないから。

・後輩と話をしているとき。

嫌な思いをしたシチュエーションを踏まえて、過去にどんな嫌な目に遭ったかをアプローチしてみましょう。

隠そうとしていることの原因を解明することは、なかなかすぐにはできるものではないです。

数ヶ月や1,2年で解ける人もいれば、5,10年もかかる人もいるでしょう。

一人で考えていてもしょうがないこともあったり、ある日何かの拍子で、ポンと原因にたどり着けることもあります。

しかし、これら「隠そうとしているもの」が見えてきた時点で、多少は楽になるでしょう。

なぜ不快感が起こるのかわからないことよりも、

「○○だから不快感」というメカニズムを、一部だけでも知っておく方が、

対策も取れるし、割り切りもできるので、楽なのです。