流れて消えるだけじゃ、語り合えないから

この人いいな、という人は、前向きでも後向きでもなく、ただ中間の状態でその場を動いているだけ。

弱点を知り、受け入れる

弱点や短所は、目をつぶりたいと思うものだったり、

「私って、〇〇苦手だから、嫌になるなぁ」と落ち込んで捉える人も多いと思います。

また、直して改善するべきもの、と捉える人も多いでしょう。

しかし、「本当の自己分析」をする場合、弱点や短所は、存在するものとして知っておき、

「あるものとして捉える」ことが大事になります。

「欠点があるから、直そう」というのも良いのですが、

置いといて、「そうだね。私はこれが苦手なんだよ。」と、知りっぱなしにします。

★人は弱点への向き合い方を中心にして動いている

人は自分の弱点と絶えず関わり合うことで、成長してきたと、僕は考えます。

(例)

・女の人にモテたいので、男を磨く努力をしている。

・太っていたことが嫌だったので、体重を落とし、痩せてからも体型キープに細心の注意を払う。

・胃腸が弱いので、健康的な食材を選ぶようにしている。

弱点や悩みが大きな動機となって、行動や日々の習慣に結びつくことは多々あります。

そんな弱点に対して、自分はどう行動しているか、というのを観察することで、自分を分析することもできます。

(例)

・女の人にどうしてもモテたかったので、モテ男になるために努力した。 (克服

・胃腸が弱いので、胃腸に負担を掛けない食生活を送る。 (受容と共生

・騒音に耐えられないので、ガヤガヤする繁華街には行かない (回避

( )の中の太字が、弱点のある人が取った行動の方法です。

弱点を克服したり、逃げたり、弱点を受け入れた上でどう生きるか考えたりしていきます。

このように、様々な行動パターンが存在しますが、

その行動パターンを知ることによって、自分はどのような性格かを知ることができるでしょう。

その行動パターンに対し、「なぜそうするの?」「その動機は?」「昔、何があった?」と、自分に問いかけていけば、さらに分析は深まりますが、それについては別の記事で採りあげたいと思います。

「弱点」や「悩み」は、自己分析をするにあたって、中核ポイントとなるものなので、

「悩みがあるからネガティブにとらえる」のではなく、あくまで存在するものとして捉えてみると良いでしょう。

その上で、「なぜ、ここが弱点なのだろう?」とか、「(他の人は弱点と思っていないけれど)自分だけは弱点と思っているのは何でだろう?」とか、考えてみると、様々なものが見えてきます。