流れて消えるだけじゃ、語り合えないから

この人いいな、という人は、前向きでも後向きでもなく、ただ中間の状態でその場を動いているだけ。

日本一寂しい旅を追求する?(中編) 奈良山奥、限界集落を越えて

f:id:againstars:20161016215714j:plain

この企画は、旅で感じる「寂しい」をとことん追求するものである。

どうせやるなら、とことん「寂しい」旅にしようじゃないか。

 

 今回のルートは、奈良県の山奥「野迫川村」から、廃村「中津川」。

続きを読む

いらないと言われたものが、あふれている。かわいそうに思う

f:id:againstars:20161014221940j:plain

世の中には、必要以上にモノが多すぎると思うのは、僕だけだろうか。

 

家に売りに来ては断られるフルーツの訪問販売。

頼んでもいないのに付けてくれるおまけ。

別に遊ばない回転寿司屋のガチャガチャ。

もらっても使う予定もないまま置いている、贈答品。

 

いらない。

続きを読む

日本一寂しい旅を追求する?(前編) 奈良山奥、廃村への道

f:id:againstars:20161013184552j:plain

この企画は、旅で感じる「寂しい」をとことん追求するものである。

どうせやるなら、とことん「寂しい」旅にしようじゃないか。

続きを読む

ノスタルジーと愚痴をセットで語るのはやめよう

f:id:againstars:20161011232311j:plain

 2008年になくなった、大阪~東京間の寝台列車「銀河」の車内にて。オッチャン達と乾杯。(2008/2)

 

「今度はブルートレイン○○がなくなるのか、乗ってたのにな。残念だ。」

「あったあった!△△駄菓子!懐かしいなぁ。でも、今の時代じゃ作られないんだなぁ。」

「大阪が全盛だった大正時代は、すごい時代だったんだな。建物も街行く人もレトロでかわいい。」

 

僕も昔の懐かしいものや、消えゆくものが好きで、

こういうせりふを口にすることはよくあります。

 

しかし、その後に、「思い出をありがとう」のような感謝の言葉がつくとかならいいのですが、

後ろに

「○○を切り捨てる政治が悪い」とか

「それに比べて現在は…○○で…」とか

「新しい○○ばかり優先しないで、△△残せ!」とか

「最近の若い者は」*1

という愚痴を付けているのをよく見かけます。

それは、何も生み出さないし、負のオーラが漂いすぎてるだけなので、見苦しく思います。

*1:ネットを見てても「最近の若い者」も、懐かしいものや古いものが好きな人は、結構いることに気づく。十把一からげにして見るのはよそう。

続きを読む

種田山頭火のように、いい歳になっても悩んでダメやってる人になっていきたい

f:id:againstars:20161009225700j:plain

種田山頭火といえば、「分け入っても分け入っても青い山」などの五七五にとらわれない自由律と呼ばれる俳句の形を作った、20世紀の旅の俳人です。

 

しかし、彼の俳句を見てみると…

 

「まっすぐな道でさみしい」

「どうしようもないわたしが歩いている」

「焼き捨てて日記の灰のこれだけか」

 

といった、どう見ても優雅な俳句の世界とは一線を画しています。

寂しいという自分の感情を表わしたり

自分はどうにもならないものだと諦めたような自虐のような句だったり、

過去を清算しようとした過去の重さはこれだけだったのか(?)とおののいていたり、

 

マイナスの感情をふんだんに、素直に表した俳句を沢山残し、

そこに引っかかるものを感じると同時に、強い共感を感じずにはいられません。

続きを読む

googleマップがあっても、地図帳は手元に置いておきたい

f:id:againstars:20161008214717j:plain

手持ちの地図 左上から

街の達人 京阪神(1/10000 昭文社) 住所を見て目的地へ行ける、詳細な地図。

グローバルマップル世界&日本(2015 昭文社) 高校地図帳より詳細で、現在の世界の都市の動向がわかる

新詳高等地図(帝国書院) 高校生時代から愛用している地図帳。世界がどういうものかを掴むのに役立つ

JAFルートマップ全日本(1/230000 JAF出版社)バイク旅行に使う地図。道路の概要がわかれば十分

ミリオンハンディ 首都圏+災害時帰宅ナビ(1/32000 東京地図出版)東京探索時によく使った

 

 僕は根っからの地図好きで、小学校のとき、学校の教材で初めて地図帳を渡されて以来、授業そっちのけで、地図帳をずっと眺めて妄想を働かせているような子供でした。

 

今になってもそれは変わらず、本屋で詳細な市街地マップをずっと立ち読みしたり、地図帳を買って、世界の地形や都市をずっと読んでいることもよくあります。

地図帳に手を伸ばして、気がつけば1時間が過ぎていた、ということはザラにあります。

 

しかし、googleマップが出たときは、本当に革命的でした。

パソコンの上で、詳細な住宅地図や上空地図が見れるので、どんどんのめり込んでいきます。

 

続きを読む

大阪の廃村を目指して(後編) 干し柿集落から、ワイルド林道に迷い込む

f:id:againstars:20161003225814j:plain

【前回まで】

大阪府唯一の廃村は、ほとんどが自然に還ってしまったようであった。

しかし、第二第三の今畑廃村は、時代が経つとともに出てくるだろう。

それに、和歌山県奈良県にも、過疎地は大変多く、廃村となっている村がいくつもあるので、そっちを見る方がいいだろう。

 

というわけで今回は帰り道。

干し柿を作る独特の集落がある和泉山脈の南側を通り、林道に迷い込み大阪府側に出るというルートだ。

続きを読む